フレキ切断販売センター

フレキにコネクタを取付しての販売も致します。
フレキ切断販売センター フレキ切断販売センター
HOME フレキコネクタ検索 ご購入方法 よくある質問 問合せ

サプライヤー募集

メーカー、卸売業者の皆様、貴社のフレキ・コネクタを当サイトで販売しませんか?

営業カレンダー

2018年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
2018年5月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
休業日=
営業時間 9:00~17:00
商品のお見積・ご注文は当サイトで24時間承っております。

FAXでのお見積もり依頼

サイトの使い方が分からない、特別な内容の注文をしたいお客様は、FAXでのお見積もり依頼を受けて付けております。
問合せ
こちらのお見積もり依頼書をプリントしてご利用ください

本サイトの通信内容は、SSLにより保護されています。
HOME»電線管・フレキ管技術資料»電線管の種類

電線管の種類

電線管は、電力や通信等に用いられる電線類を収納し、保護する役割をしています。

■電線管の役割

電線類の物理的な保護です。収容電線類の絶縁性能が悪化しても外部への漏電の影響を低減し、金属製電線管路は電磁遮へい効果があり、環境の磁界強度を減少もできます。

電線からの火災拡大の防止、火災時の電線類の保護(耐燃性のないものを除く)電線類を隠し美観性を保ちます。

隠ぺい配線における電線類の入れ替え等、メンテナンスが容易です。

■電線管の種類

厚鋼電線管(あつこうでんせんかん)

金属製電線管のうち管の肉厚が厚いものです。機械的強度に優れており、主に屋外や工場内の金属管工事に使用されます。G管ともいいます。

薄鋼電線管(うすこうでんせんかん)

金属製電線管のうち管の肉厚が薄いものです。屋内の金属管工事に使用されることが多いです。C管ともいいます。

ねじなし電線管

厚鋼・薄鋼電線管とは異なり管端にねじが切られていないものです。薄鋼電線管よりも管の肉厚が薄いため、管を通す電線の本数も増やすことができ、E管ともいいます。

合成樹脂製可とう電線管

JIS C 8411で規格化されており、次の二種類があります。

PF管(Plastic Flexible conduit、ピーエフかん)

耐燃性のある合成樹脂管で、単層のPFSと複層のPFDがあります。

CD管(Combined Duct、シーディーかん)

耐燃性のない合成樹脂管。管の色をオレンジ色に着色してPF管と区別します。

金属製可とう電線管

JIS C 8309で規格化されている2種金属製可とう電線管や、厚鋼電線管のサイズのもの(KICなど)があります。

その他の電線管

硬質ビニル電線管

JIS C 8430で規格化されています。一般に用いられるVE管と、耐衝撃性のあるHIVE管があります。

ケーブル保護用合成樹脂被覆鋼管

JIS C 8380で規格化されています。PLP管ともいいます。

波付硬質合成樹脂管

地中埋設用の配管です。FEP管ともいいます。

JIS C3653「電力用ケーブルの地中埋設の施工方法」に規格があります。